クレヴィア日本橋浜町公園

[公式]中央区・新築分譲マンション
クレヴィア日本橋浜町公園
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町」駅徒歩7分。

クオリティ

都心生活を支える
快適と安心へのこだわり。

image photo

セキュリティ&セーフティ

快適な日常を支える
充実のセキュリティ。

お住まいになる方の安心・安全を確かなものとするために
先進のセキュリティを重ね、様々な面から防犯対策を構築しました。
さらに万一の災害に対する備えも強化しています。

概念図

ALSOK24時間セキュリティシステム

最新の情報技術とコンピューターテクノロジーを駆使した24時間・365日体制のセキュリティシステムを採用。各住戸のセキュリティ情報はインターホン経由でALSOKのガードセンターへ直結し、万一、異常が発生した場合は警備員が迅速に対応します。※事業協力者店舗を除く

カラーモニター付インターホン参考写真

カラーモニター付インターホン

風除室からの呼び出しに対して、カラー画面で来訪者を確認できます。録画・録音機能も備え、留守中の来訪者も記録できます。

防犯センサー参考写真

防犯センサー

各住戸窓及び玄関ドアには防犯センサーを設置しました。警戒中に窓の防犯センサーが感知すると住戸内のインターホンが鳴動し、警備会社へ自動通報されます。※FIX窓・面格子付窓を除く

非接触キー参考写真

非接触キー

ICチップを搭載し、風除室のオートロックオートドアはかざすだけで解錠できます。

ディンプルキー参考イラスト

ディンプルキー

理論上、鍵違い数が約1,000兆2,800億通りあり、複製がほとんど不可能な玄関鍵。

防犯サムターン参考写真

防犯サムターン

玄関ドアには室内側からボタンを押しながら回転させる防犯サムターンを採用。外から不正に工具で引っ掛けて鍵を回すのを困難にします。

鎌デッドボルト参考写真

鎌デッドボルト

こじ開けなどの対策として、玄関ドアとドア枠が、がっちり噛み合う鎌デッドボルトを採用しています。

CP認定ドア

CP認定ドア

「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定められた防犯性能試験に合格したCP認定玄関ドアを標準装備。

防犯カメラ参考写真

防犯カメラ(リース対応)

不審者の侵入を監視する防犯カメラを敷地・建物内に配置。画像は24時間常時録画され、管理室にて一定期間保存されます。

概念図

対震枠付玄関ドア

玄関ドアとドア枠の間に適度なクリアランスを確保した対震ドア枠により、玄関ドアが開かなくなるのを防ぎます。

耐震ラッチ参考写真

耐震ラッチ

キッチンの上部吊戸棚には、万一の地震時に食器などが飛び出さないよう耐震ラッチが付いています。
※地震の状況により異なる場合があります。

保安灯参考写真

保安灯

停電時に自動点灯する保安灯を廊下に設けています。取り外せば非常時の懐中電灯としてもご使用いただけます。

防災備蓄品参考写真

防災備蓄品

マンション内には防災備蓄倉庫を設置し、防災救急セットをはじめ、さまざまな防災アイテムを格納します。
※防災アイテムは変更になる場合があります。

ストラクチャ

住んでからも安心の構造。

伝統を受け継ぎ、未来を拓く日本橋・浜町エリアだからこそ
永住にふさわしい住まいづくりを追求するために。
末永く安心して快適にお住まいいただける強固な構造を採用しています。

逆梁ハイサッシ概念図

逆梁ハイサッシ

バルコニー側は逆梁工法の採用により、梁を外部側に出すことでハイサッシ(一部)を実現しました。採光面も多く確保でき、居室空間の開放感がいっそう高まります。※一部除く

二重床・二重天井概念図

二重床・二重天井

鉄筋コンクリートスラブと仕上げ材の間に空間を設け、配管や配線を鉄筋コンクリートスラブ内に可能な限り埋め込まない二重床・二重天井構造を採用。配管などの交換や修理がしやすく、将来のリフォームへの対応も比較的容易になります。
※一部除く

住宅性能評価

第三者の民間評価機関による「設計住宅性能評価書」を取得済。竣工時に「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

戸境壁概念図

戸境壁

隣住戸との間の戸境壁は、鉄筋コンクリート厚約180mm以上を確保しています。また一部戸境壁には乾式耐火遮音壁を採用しています。

コンクリート強度概念図

コンクリート強度

水セメント比を50%以下に抑え、1㎡コンクリートあたり約3,000t~約3,900tの圧縮に耐えられるコンクリートを採用しています。※杭及び外構等除く

杭基礎構造概念図

杭基礎構造

地盤調査に基づいて支持層(強固な地盤)を確認し、施工時にも支持層への到達を確認。支持層まで合計17本の場所打ちコンクリート杭(拡頭拡底杭14本・拡底杭2本・ストレート杭1本)を打設しています。

ダブル配筋概念図

ダブル配筋

住戸間の壁の配筋を二列にすることで耐震強度を高めるダブル配筋を採用しています。
※一部乾式耐火遮音壁を採用しています。

外壁概念図

外壁

鉄筋コンクリート厚約150mm以上を確保。また、断熱材を施しています。
※一部除く

コンクリートかぶり厚概念図

コンクリートかぶり厚

建築基準法で定められた最小かぶり厚さに対して施工精度等を考慮して、建物の耐久性を確保しています。
※一部除く

溶接閉鎖型帯筋概念図

溶接閉鎖型帯筋

柱の帯筋は、工場であらかじめ溶接する溶接閉鎖型帯筋を使用し、粘り強い構造としています。
※一部除く

NEXT PAGE